オリヴの園Wild Olive Groves2020W
Winter Semester 2020 in Sendai
 
聖書というとキリスト教の神話、非科学的文書というイメージをおもちかもしれませんが、
さにあらず、非常に論理的な書物であり、また心温まる手紙のようなものです。
 
オリヴの園 は、2000年4月より自称カボペンが書き綴った聖書に纏わる小稿集です。
その基礎には、前任校である横浜国立大学での聖書研究活動がありました。
2002年4月より東北大学に転任し、新たな導きを模索しつつ、気長に書き綴っております。
 
東北大学川内聖書研究会(Kawauchi Bible Reading Club)、並びに
横浜国立大学聖書研究会 Olive の活動に興味のある方は、mlf52828@nifty.comまでご連絡ください。
 
※初めてご訪問いただいた方は、聖研のイロハ:イからお進みください!
※※最新の記事は;赦しの戒規―赦しこそ神の本質(14.11.2020)です。
 
私的執筆方針Private Policy of Writing
オリヴの園は、3つの基本、1つの願い、3つの指針の下で執筆されています。
【Foundations】
@まことの神を100%とし、私たち人間を0%とするところを基本とする。
A神の義は、ただイエス・キリストの信仰により、キリストに信頼する人々に与えられる。
B神の御心は、神のごとく、他者に対して、常に与え、愛し、赦し、仕える生き方に人を招くことにある。
【Wish】
C自らが異邦人であることを自覚し、神の選びの民イスラエルが回復されることを切に願う。
【Guidelines】
D神の言葉たる聖書66巻の解釈においては、所詮は人間のわざであることを覚えつつ、神からの解き明かしを待つ。
E真理と考えられる複数の事柄に矛盾と思われることがあったとしても、いずれかを斥けることはしない。
F出来うる限り平易な用語を使い、溢れる喜びと熱き想いを伝える。
 
オリヴの園・略歴】
2000年4月〜9月:オリヴの園 執筆活動開始。後に、オリヴの園1と改称。
2000年10月〜2001年3月:オリヴの園2
2001年4月〜2001年9月:オリヴの園2001S
2001年10月〜2002年3月:オリヴの園2001W
2002年4月〜2003年3月:オリヴの園2002(Sendai-Version)
2003年4月〜2003年9月:オリヴの園2003S
2003年10月〜2004年3月:オリヴの園2003W
2004年4月〜2004年9月:オリヴの園2004S
2004年10月〜2005年3月:オリヴの園2004W
2005年4月〜2005年9月:オリヴの園2005S
2005年10月〜2006年3月:オリヴの園2005W
2006年4月〜2006年9月:オリヴの園2006S
2006年10月〜2007年3月:オリヴの園2006W
2007年4月〜2007年9月:オリヴの園2007S
2007年10月〜2008年3月:オリヴの園2007W
2008年4月〜2008年9月:オリヴの園2008S
2008年10月〜2009年3月:オリヴの園2008W
2009年4月〜2009年9月:オリヴの園2009S
2009年10月〜2010年3月:オリヴの園2009W
2010年4月〜2010年9月:オリヴの園2010S
2010年10月〜2011年3月:オリヴの園2010W
2011年4月〜2011年9月:オリヴの園2011S
2011年10月〜2012年3月:オリヴの園2011W
2012年4月〜2012年9月:オリヴの園2012S
2012年10月〜2013年3月:オリヴの園2012W
2013年4月〜2013年9月:オリヴの園2013S
2013年10月〜2014年3月:オリヴの園2013W
2014年4月〜2014年9月:オリヴの園2014S
2014年10月〜2015年3月:オリヴの園2014W
2015年4月〜2015年9月:オリヴの園2015S
2015年10月〜2016年3月:オリヴの園2015W
2016年4月〜2016年9月:オリヴの園2016S
2016年10月〜2017年3月:オリヴの園2016W
2017年4月〜2017年9月:オリヴの園2017S
2017年10月〜2018年3月:オリヴの園2017W
2018年4月〜2018年9月:オリヴの園2018S
2018年10月〜2019年3月:オリヴの園2018W
2019年4月〜2019年9月:オリヴの園2019S
2019年10月〜2020年3月:オリヴの園2019W
2020年4月〜2020年9月:オリヴの園2020S
2020年10月〜:オリヴの園2020W
 
Pocket(お手紙コーナー)
mail to : mlf52828@nifty.com
 
Link to Protestant Church
日本福音教会(JEC)・八尾福音教会(大阪府八尾市)⇒母教会です。
日本キリスト教団・清水ヶ丘教会(神奈川県横浜市)⇒叔母教会です。
保守バプテスト同盟・八木山聖書バプテスト教会(宮城県仙台市)⇒会員教会です。
日本基督教団・鎌倉雪ノ下教会(神奈川県鎌倉市)
 
ちょっと堅めの読書コーナー
 
Index
 
よろこびの訪れ
vol.137:ヤマザキ春のパンまつり
vol.138:赦しの戒規―赦しこそ神の本質new!
 
落穂拾い
vol.177:第5の信仰―赦しの主導権new!
 
※原則として、聖書の引用は新改訳聖書2017よりいたします。
 
よろこびの訪れ vol.137
【しかし、わたしはイスラエルの中に七千人を残している。これらの者はみな、バアルに膝をかがめず、バアルに口づけしなかった者たちである。(T列王記19:15-18)】
 
《ヤマザキ春のパンまつり》
創業者がクリスチャンである日本企業の一つ、山崎製パン株式会社が毎年春になると打って出る「ヤマザキ春のパンまつり」をご存じでしょうか。なぜ季節が「春」なのか。聖書的な起源に基づいているのではないかと思って調べましたが、明らかな答えはありませんでした。ただ、イースター(復活祭)とペンテコステ(キリスト教会の誕生日!)は、キリスト教会にとって重要なお祭りであり、季節は春ですね。しかも、元を辿れば、大麦と小麦の収穫の時期に合わせて旧約聖書が定めていた種なしパンの祭り(=過越しの祭り)と七週の祭り(五旬節)に行き着きます。まさに、旧新約聖書における収穫感謝祭にあたるものですね。新約の光を当ててみれば、ペンテコステ(五旬節)は、単なるパンにとどまらず(大麦の収穫が終わり、小麦の収穫が始まる時期ですね。)、人類ひとりひとりのたましいが神に立ち返るときでもあります(ただし、エルサレムで救われたのはユダヤ教信者のみであり、異邦人に救いの手が目に見える形で差し伸べられたのは、百人隊長コルネリオス(使徒伝10:34-35)のときまで待たなければなりませんでした。)。
 
私どもの教会では、来年3月末まで、2つの協力教会から協力を得て、毎月1度牧師先生をお招きしてメッセージをいただいているほか、10名の兄弟が御言葉を取り次いでいます。そのお一人であるT兄が、収穫感謝祭をテーマにメッセージした内容が非常に心に残りました。その中で次のようなお話しがありました。50歳代のT兄のお父様が迎えたある誕生日、子どもたちが小さな誕生日ケーキを買ってきて、50本あまりのローソクを立て、火をつけたそうです。小さなケーキから大きな炎が勢いよく燃えさかり、1本、2本のローソクの火を消しても、すぐに大きな炎から火をもらって、結局は、火は消えずに炎上したそうです。同じように、ひとりひとりの信仰の炎は、もしかすると一時的に消えるかも知れない。しかし、その炎がいくつも重なって燃えているならば、消えた信仰の火を他の兄弟姉妹たちから戴いて、再び燃え上がらせることができる。ペンテコステに誕生したキリスト教会は、より多くの炎が集まることにより、ますます祝福を受ける存在となった。まさに、聖書的真理、いや、組織神学上の真理と言うことができましょう。
 
このような真理は、2000年にわたる神学において帰納的に証明されたものでもありますが、たった一つ、注意しなければならないことがあります。地域教会を例にとれば、1人よりは2人、10人よりは20人、信仰の炎が集まるほうがベターであり、ベストでしょう。では、先週は20人、今週は10人、来週は5人と礼拝出席者が低減傾向にある地方教会でメッセージする人は、どうすればよいのでしょう?。組織神学上の真理と逆のことが起こっているのですから、その原因はどこにあるのかを考えるべきなのでしょうか。牧師・役員会のあり方をあげつらってゆくのでしょうか。このように、結果が悪ければ必ず悪しき原因があるという「原因・結果」の関係=「因果関係」を指し示すだけのものとして、この真理を捉えていてよいのでしょうか。地域教会において問題点を検討するとき、得てして因果関係のみを強調しすぎると、結局は「律法主義」に陥りかねません!。人間の頭の中でのみ「真理」や「律法」をやりくりして、神様のみこころやご介入に目が留まらないと、結局、最後には大きな痛みを伴うことになりかねません。
 
旧約聖書から、一つの例を挙げたいと思います。あの大預言者ティシュベ人エリヤです。当時のイスラエルの悪王アハブは、堂々とバアルやアシェラの信仰を重んじていました。これに対して、神は、エリヤを通じて飢饉を送ります(T列王記17章参照)。そして、エリヤは、カルメル山においてバアルの預言者450人、アシェラの預言者400人に決戦を挑み、勝利し、雨が降るようになります(T列王記18章参照)。ところが、T列王記19:1-2で王妃イゼベルに恫喝されて、エリヤは逃避行に出てしまいます。ある学者の分析によれば、エリヤは、鬱と言う病気になったとも言えるでしょう。では、いったいエリヤは、何を気に病んで逃げたのでしょうか。何を訴えたかったのでしょうか。T列王記19章から見てまいりましょう。「主よ、もう十分です。私のいのちを取ってください。私は父祖たちにまさっていませんから。」(4節参照)。「私は万軍の神、主に熱心に仕えました。しかし、イスラエルの子らはあなたとの契約を捨て、あなたの祭壇を壊し、あなたの預言者たちを剣で殺しました。ただ私だけが残りましたが、彼らは私のいのちを取ろうと狙っています。」(10節・14節参照)。カルメル山における大スペクタクルの後も、万軍の主を奉ずるものは私ひとりしかいない。その私もイゼベルの手によって消されてしまう。組織神学上の真理からすれば、ある意味、説得力がありますね。
 
しかし、神様のご介入があるとき、一見、真理と見えた因果関係は崩れ去ります。「主は彼に言われた。『さあ、ダマスコの荒野へ帰って行け。そこに行き、ハザエルに油を注いで、アラムの王とせよ。また、ニムシの子エフーに油を注いで、イスラエルの王とせよ。また、アベル・メホラ出身のシャファテの子エリシャに油を注いで、あなたに代わる預言者とせよ。ハザエルの剣を逃れる者をエフーが殺し、エフーの剣を逃れる者をエリシャが殺す。しかし、わたしはイスラエルの中に七千人を残している。これらの者はみな、バアルに膝をかがめず、バアルに口づけしなかった者たちである。』」(T列王記19:15-18。なお、ローマ書11:2-5参照)。神様の視点がエリヤに与えられます。鬱状態のエリヤに見えなかった事実を、神の言葉が伝えた。まさにこれが神様のご介入です!。神様の視点からすれば、エリヤよ、あなたはひとりではない。7000人も同志として残されているではないか!。新約の時代、パウロはキリストの福音の光を浴びて、これをユダヤ人一般にあてはめています。「ですから、同じように今この時にも、恵みの選びによって残された者たちがいます。」(ローマ書11:5)。神様のご介入により、組織神学上の真理は、真理として保たれている。神様は、人間の置かれた状況をよ〜くご存じで、各人にふさわしい場所(トポス)を与えておられます(黙示録2:5)。
 
頭の良い人が陥りやすいのですが、組織神学上の真理をまるで物・対象のように捉えてゆくと、人間社会における原因・結果に注目するようになりがちです。原因・結果のルールを律法主義的に用いてしまいますと、他人・他者を責めるきっかけを追い求めるようになり、場合によっては自分をも裁いてしまいかねません。真理は、決して人間が描き出せる物や対象ではありません。全能なる神様が用いられる真理であって、神様に全面的に信頼し、神の真実に拠り頼んでこそ、真理が真理として輝くのではないでしょうか。もちろん、人間的な反省をすることも大切ではあります。その関係で因果関係を捨てることはできません。しかし、どうやっても因果関係がうまく答えを導き出せない現実があるとき、信仰により、神のご介入をひたすら待つことも必要であるように思います。
 
当時はKGK主事、現在では大間々教会の牧師であられるT.S.先生を支える会の会報に巻頭言として私が寄稿した「逆境の冬」と題する文章があります。「今年は暖冬です。しかし、昨年はどうだったでしょう。厳しい冬がありました。同じように、各大学の聖研活動が風前の灯火になっている状態を、私は学生時代から教員に至る今日まで、幾度となく経験してきました。聖研にも厳しい冬があります。しかし、灯火は吹き消されずに残ってゆく。どうして残されているのか。祝福されるのか。/それは、もちろん、祈りが献げられていたことによります。…/しかし、より根源的には、聖研の冬をお与えになったのは神様です。その意味は私たちにはわかりません。『主は氷をパンくずのように投げつける。だれがその寒さに耐ええようか。主が、みことばを送って、これらを溶かし、ご自分の風を吹かせると、水は流れる。』(詩篇147:17-18)。御言葉を送られる神様がいらっしゃるから、風となって吹いてくださるご聖霊様がいらっしゃるから、冬の時代にもキリストにあって希望がある。」。主に信頼してまいりましょう。
 
落穂拾い vol.177
 
《第5の信仰―赦しの主導権》
私の母教会で配信している主日礼拝のメッセージで興味あることが語られていました。同じ「信仰」と言っても、4種類に分けられるというものです。聖書箇所は、ルカ伝17:1-10で、そもそもの起こりは、つまずかせてはならない、兄弟の罪を赦しなさいという文脈で始まります。並行箇所のマタイ伝18章で主イエスは、「このように、この小さい者たちの一人が滅びることは、天におられるあなたがたの父のみこころではありません。」(マタイ伝18:14)と語られ、7回を70倍するまで赦しなさいと説かれます(マタイ伝18:22参照)。マタイ伝では、これらの御言葉の合間に、いわゆる「教会戒規」について主イエスが触れられる箇所が挟まっていますが、非常に示唆深いものと言えましょう(マタイ伝18:15-20参照)。このような文脈のもとで、弟子たちの以下のようなお願いが主題とされます。「使徒たちは主に言った。『私たちの信仰を増し加えてください。』」(ルカ伝17:5)。つまり、兄弟姉妹の間でつまずきが起こることは避けられず、たとえ相手が悪い場合であっても「7回の70倍(完全数×完全数!)、つまり、赦して、赦して、なおも赦し抜くべきであるとするならば、私たちの信仰を増し加えていただけなければ不可能です」と、弟子たちが懇願する場面が文脈となります。
 
「増し加える」という原語のニュアンスから言うと、信仰を重ねて与えてくださいと表現できるかも知れません。しかし、主イエスがまず返された答えは、耳を疑うほどのことでした。「すると主は言われた。『もしあなたがたに、からし種ほどの信仰があれば、この桑の木に「根元から抜かれて、海の中に植われ」と言うなら、あなたがたに従います。』」(ルカ伝17:6)。なんだ、簡単なことではないか。1ミリもないような「からし種」ほどの信仰があれば、四方八方に根が広がった桑の木でさえも言うことを聞く。同様の御言葉は、マタイ伝17:20やマルコ伝11:23にも登場します。前者は悪霊を追い出すことができなかった使徒たちに向けた叱咤激励として、後者は主イエスが呪われたいちじくの木に関連して発せられた御言葉です。この2つの箇所を一言で言ってしまえば、「神を信じなさい。」(マルコ11:22)ということに尽きるものと思います。したがって、懸案のルカ伝17章も、神を信じる(=信仰)とは、いったい本質的にどういうことかが示されているものと言えましょう。
 
そこで、母教会のM牧師が挙げた4つの信仰について、簡単に述べておきましょう。@第1は、悪魔でさえもっている信仰です。ヤコブ書2:19には、「あなたは、神は唯一だと信じています。立派なことです。ですが、悪霊どもも信じて、身震いしています。」とあり、霊的領域に棲むものが真理として統べ治めたまう唯一の神を(身震いをもって)知ることをあらわしています。A第2は、私たちキリスト信仰者がしっかりと握っていなければならないことです。「すなわち、イエス・キリストを信じることによって、信じるすべての人に与えられる神の義です。そこに差別はありません。」(ローマ書3:22)。まさに、信仰義認の信仰です。神の義が与えられるのは、神の恵みと信仰のみに拠るのだということです。B第3は、第2の信仰のように天国に入ることができるかどうかというピンポイントの場面で登場するのではありません。より一般的な意味での「信頼」をあらわす信仰です。人間の側から見れば、三位一体の神様に対する信頼(=信仰)でありますが、神様の側から見れば、神の人間に対する真実そのものと言えましょう。C第4は、キリスト教会を支えるためにご聖霊が分け与えられた賜物としての「信仰」です(Tコリント書12:9参照)。教会の中で大きなチャレンジを受けたときに、これを神様からのチャレンジとして誰よりも早く応答する賜物です。マタイ伝17:20、マルコ伝11:23及びルカ伝17:5の信仰に一脈あい通ずるものとも言えましょう。
 
ところが、主イエスは、この後、不思議なたとえを話されます。「あなたがたのだれかのところに、畑を耕すか羊を飼うしもべがいて、そのしもべが野から帰って来たら、『さあ、こちらに来て、食事をしなさい』と言うでしょうか。むしろ、『私の夕食の用意をし、私が食べたり飲んだりする間、帯を締めて給仕しなさい。おまえはその後で食べたり飲んだりしなさい』と言うのではないでしょうか。しもべが命じられたことをしたからといって、主人はそのしもべに感謝するでしょうか。同じようにあなたがたも、自分に命じられたことをすべて行ったら、『私たちは取るに足りないしもべです。なすべきことをしただけです』と言いなさい。」(ルカ伝17:7-10)。なんとも冷たい「主人」ですね。いや、でも、ちょっと待ってください。主人としもべとの社会的位置関係(使用者と労働者を思い起こしてください!)、ましてや神と人間の関係からすれば、冷たいどころか、当たり前のことを言っている。裏返して言えば、信仰を重ねて与える必要などないのだということを、主イエスは語っておられるのではないでしょうか。いま与えられている信仰によって、7回を70倍するほどに他者を赦すことができる。弟子たちにとって、まさに、そのことを信じる必要があった!。大いなるチャレンジの御言葉です。
 
より多く与えられたから、より多くの人の罪を赦すことができる。一見、正しそうに見えますが、信仰を重ねて求めると言うことは、1つ間違えば業績主義、律法主義に陥ってしまいます。たしかに第4の「信仰」は賜物ですから、ある意味で求めてもよいものではありますが、ここでは、日常茶飯事として起こるつまずきや赦しの基礎として、キリスト信仰者ならば誰もがもっている第3の信仰が問題となってくるのではないでしょうか?。とくに弟子たちについて言えば、罪に定めることもできますが、むしろ、この地上で具体的な赦しを任されている人々です。「まことに、あなたがたに言います。何でもあなたがたが地上でつなぐことは天でもつながれ、何でもあなたがたが地上で解くことは天でも解かれます。まことに、もう一度あなたがたに言います。あなたがたのうちの二人が、どんなことでも地上で心を一つにして祈るなら、天におられるわたしの父はそれをかなえてくださいます。二人か三人がわたしの名において集まっているところには、わたしもその中にいるのです。」(マタイ伝18:18-20)。その使命=仕事は、野良仕事をしていようが、主人の夕食の準備をしていようが変わるはずがありません。むしろ、主人の方が今はこの仕事が、次にあの仕事がというように差配するのではないでしょうか。その意味で、イニシアティヴ=主導権は、神にあります。
 
信仰の本質は、神が主導権=イニシアティヴを握っておられるという、一見「冷たい」、しかし実は温かく、本当は喜びに満ち溢れた現実にあります。「信仰」というテーマで学んでゆくとしたら、これは第5の信仰と分類することができるかも知れませんね(口うるさい人は、第3の信仰の亜種に過ぎないと仰るかも知れませんが…)。赦しという、本来なら主なる神ご自身しかできない御業を、弟子たち、そして私たちキリスト信仰者が集う教会に託しておられるとは、何とも大胆な神のご計画ですね。しかし忘れてならないのは、キリストのからだがする赦しのミッションは、かしらであるキリスト・イエスのコントロールのもとにあります。「同じようにあなたがたも、自分に命じられたことをすべて行ったら、『私たちは取るに足りないしもべです。なすべきことをしただけです』と言いなさい。」(ルカ伝17:10)。これは、決して自己卑下をしなさいという「教え」ではありません。もちろん、高ぶってはいけないという教えではありますが、むしろ、「なすべきこと」、神様が与えてくださった赦しの御業に参与することができたことを感謝する態度、心の向きを言っているのではないでしょうか。
 
よろこびの訪れ vol.138
【それでもなお、言うことを聞き入れないなら、教会に伝えなさい。教会の言うことさえも聞き入れないなら、彼を異邦人か取税人のように扱いなさい。(マタイ伝18:17)】
 
《赦しの戒規―赦しこそ神の本質》
教会生活が長い方であれば、冒頭の御言葉を聞くと、「あっ、教会戒規の話だな」と思われるでしょう。ある兄弟姉妹が「あなた」に対して罪を犯したとき、まず初めに「あなた」が一対一で罪を諫め(マタイ伝18:15・文語訳参照。織田昭『新約聖書ギリシャ語小辞典』(2002年・教文館)によれば「譴責(する)」という訳語もありますね。)、それでも聞き入れようとしないなら2・3人の兄弟姉妹を立て(マタイ伝18:16参照)、さらに聞き入れないなら教会(共同体)の問題として最後通牒がされ、除名になるというのが一般的な理解でしょう。ですが、主イエス様が語られた「異邦人か取税人のように扱いなさい。」とは、いったいどういう意味合いを含んでいたのでしょう。もしも「パリサイ人のように」というのであれば、納得できるかも知れません。しかし、主イエスが、ご自身に敵対するパリサイ人ではなく、パリサイ人よりも神の国に入るのが早いとされる異邦人・取税人(マタイ伝参照21:31-32)を「除名相当者」として挙げられたのは、いったいどういう意味があるのでしょうか。
 
そこで、まず「検索」機能をもつソフトで、主イエスが直接に語られた4福音書において、「異邦人」or「取税人」で検索してみました。驚いたことに、ヨハネ伝にはヒットがありませんでした。次いで、マタイ伝とルカ伝が数的にいうとなかなかにいい争いをしておりますが、ルカ伝の記者である医師ルカは異邦人でありますので、ここは、まず初めにユダヤ人に語られたマタイ伝こそがターゲットにされるべきでしょう。旧約聖書の引用で「異邦人」とある部分は避けますが(マタイ伝4:15参照)、両者が初めに揃って登場するのは山上の垂訓です。「自分を愛してくれる人を愛したとしても、あなたがたに何の報いがあるでしょうか。取税人でも同じことをしているではありませんか。また、自分の兄弟にだけあいさつしたとしても、どれだけまさったことをしたことになるでしょうか。異邦人でも同じことをしているではありませんか。」(マタイ伝5:46-47)。異邦人や取税人だって、同じ人間、自分を愛してくれる人を愛する。報いを受けられる生き方というものは、人間にとって当たり前の生き方ではない。神様の目から見た生き方をしようではないか。神の御恵みにある生き方というものがある。これが主イエス様の語りたかったことです。同様に祈りについて語られたときには、「異邦人」を引き合いに出されていますね(マタイ伝6:7&32参照)。
 
マタイ伝9章では、取税人マタイを弟子とされたときに、主イエス様は、多くの取税人たちとともに食事をします。取税人たちを「罪人」扱いしていたパリサイ人から悪意の指摘を受けることになりますが、主イエス様は、「わたしが来たのは、正しい人を招くためではなく、罪人を招くためです。」という名言を残しておられます(マタイ伝9:13参照)。続いて10章では、十二使徒を任命し、ユダヤの全土に遣わすとき、「異邦人の道に行ってはいけません。また、サマリア人の町に入ってはいけません。むしろ、イスラエルの家の失われた羊たちのところに行きなさい。」(マタイ伝10:5-6参照)と言われました。サマリヤや異邦人は後回しにされたのですが、直後の18節では、「また、あなたがたは、わたしのために総督たちや王たちの前に連れて行かれ、彼らと異邦人に証しをすることになります。」と言っておられます。12章のイザヤ書からの引用(マタイ伝12:18&21参照)では、異邦人も同じ希望をもつとマタイは主張するのですが、異邦人ツロ・シドンの女性に対して、「イスラエルの失われた羊」が優先なのだと主イエス様は言われます(マタイ伝15:21-28参照。結果、このときは、その女性の信仰が優ったわけですが…)。
 
このような流れの中で、異邦人と取税人が登場するのが懸案の箇所です。「除名」という措置自体が誤りであるとまで言うつもりは、毛頭ありません。主イエスの十字架と復活を否定し、神の福音の恵みによって生きることを捨てて異端の説を主張するような輩は、やはり「除名」して退場してもらうほかありません。しかし、異邦人や取税人がそのような輩だと言っているのではありません。まだ福音を受けていない異邦人や取税人は、人間的な生き方しかできず、神の恵みにあって生きる生き方ができない。当時のユダヤ人や、現代の教会員も、福音の恵みが見えないとき、罪の魔力に囚われてしまいます。教会戒規(マタイ伝18:15-17参照)は、罪を犯した兄弟姉妹に3回も悔い改める機会を与えているではありませんか。マタイ伝18章は、弟子たちのくだらない議論(天国では誰がいちばん偉いか?)に端を発し、子どもたち・小さな者が軽んじられ、滅びてしまうことが天のお父様のみこころではないと結論づけています(マタイ伝18:1-14参照)。教会戒規の直後には、「まことに、あなたがたに言います。何でもあなたがたが地上でつなぐことは天でもつながれ、何でもあなたがたが地上で解くことは天でも解かれます。」(マタイ伝18:18)と記されています。罪の支配から解放される,つまり赦される可能性もまた、信仰者の集まりであるキリスト教会に委ねられています。
 
「そのとき、ペテロがみもとに来て言った。『主よ。兄弟が私に対して罪を犯した場合、何回赦すべきでしょうか。七回まででしょうか。』。イエスは言われた。『わたしは七回までとは言いません。七回を七十倍するまでです。』」(マタイ伝18:21-22)。7×7×(3+7)という完全数で構成された主イエス様の答えは、自分が赦されたにもかかわらず、他人を赦せない人間のたとえにつながります(マタイ伝18:23-35参照)。「あなたがたもそれぞれ自分の兄弟を心から赦さないなら、わたしの天の父もあなたがたに、このようになさるのです。」(マタイ伝18:35)。このように考えてくるならば、教会戒規といえども、その基調は「赦し」にあることがおわかりいただけたものと思います。まさに、「その人があなたの言うことを聞き入れるなら、あなたは自分の兄弟を得たことになります。」(マタイ伝18:15b)という御言葉のとおりです。ちなみに、マタイ伝18章は「そのとき」で始まっています。主イエス様が神殿税を納められた箇所(マタイ伝17:24-27参照)からつながっています。主イエス様は、何を言いたかったのでしょうか。税金を払うかどうかという人間的な考え方から解き放たれて、他者を躓かせないために、どのような律法にも拘束されない神の自由な意志で、福音の恵みの中を生き抜いてほしい!。私には、そう聞こえてきます。神は、赦すことができる。忘れることができる。ヨナ書2:9bで「救いは主のものです。」と言うとき、英語的には "Salvation of Yahweh" であり、ヘブル語的には "yeshuah (tah) Yhvh" です。ここで言う yeshuah とは、イエスという名前そのものです。完璧に赦すことができる、それこそが神様の本質です。
 
更新ペースは、原則として月2回です。
 
【これまでのオリヴの園
聖研のイロハ
イ:手紙なら理解できるはず…
ロ:ギリシャ語音痴でも新約聖書は読める!?
ハ:旧約聖書はおまけなの?
ニ:聖書は書簡。しかも朗読された手紙だった!
ホ:安息日って日曜日!?
ヘ:聖書は男尊女卑!?−聖書における女性たち:Part 1−
ト:ヤコブ書は藁(ワラ)の書!?
チ:信仰義認−ヤコブ忍法帳
リ:文語訳の魅力−翻訳へのこだわり
ヌ:神の言葉には力がある
ル:神の言葉はあやまらない
ヲ:神の言葉は廃れない
ワ:神の言葉は響き合う
カ:報いと恵みの交わるところ−聖書は聖書をもって解釈する
ヨ:尽きせぬ泉
タ:憐れみの国−神の意図した理想郷
レ:宿り木
ソ:イエスの血肉
ツ:飼い葉桶−受肉の奇跡
ネ:自由な引用
ナ:惜しみなく愛はねたむ!?
ラ:神殺し
ム:ろばに乗る王
ウ:ヨブの忍耐
ヰ:聖書義人伝
ノ:義人アベル
オ:ラハブとロト
ク:いちじく a la carte
ヤ:収穫の主
マ:人の労苦は…
ケ:偶像崇拝−イエス・キリストを偶像にした人
フ:土の器
コ:おとずれのとき
エ:さばきの庭にいた弟子は誰か?
テ:あなたはわたしを愛するか?
ア:知ること、そして愛すること
サ:折衷の罠−わかっちゃいるけど…
キ:捕らわれの霊
ユ:隔ての壁
メ:ともしび
ミ:地の塩
シ:十戒は誰のもの?
ヱ:神の命令−愛せよ、そして、生きよ
ヒ:宗教のポルノ化
モ:ウィルス・チェッカー:−∞の謙遜
セ:我ら異邦人
ス:受けるよりも与えるほうが幸い
ン:「夕があり、朝があった」−光あれ!(完)
 
聖研のイロハ in Summer Vacation 2000
「人にはふさわしい助け手?」−聖書における女性たち:Part 2 −
「夫に従え」?「妻を愛せよ」?−聖書における女性たち:Part 3 −
責任転嫁−林檎殺人事件
割礼に見る歴史の暗部
反ユダヤ主義の芽生え−「ナザレ派」の苦悩
キリストを殺したのは誰か?−反ユダヤ主義はキリスト教会から始まった?
公同の教会−えっ、プロテスタントもカトリックなの?
目から鱗が落ちる−聖書に基づく諺 No.1
豚に真珠−聖書に基づく諺 No.2
笛吹けど踊らず−聖書に基づく諺 No.3
バプテスマのヨハネ−イエスにつまずかなかった人の幸い
バプテスマ(洗礼)あれこれ
バプテスマの意味
殺してはならない
盗んではならない
自分の敵を愛せよ−すべての人との平和(完)
 
聖研のイロハ in Advent 2000
マラナ・タ
二人のクリスマス・マン−ドイツ・クリスマス異聞
 
聖研のイロハ in Advent 2001
ユダヤ人の王
 
聖研のイロハ in Advent 2002
無邪気なマリヤ−The Virgin
最初に福音を聞いたザカリヤ
 
聖研のイロハ in Advent 2003
貧しくなられたキリスト−Message Note in Yagiyama Church
 
聖研のイロハ in Advent 2004
御使いと仲保者
 
聖研のイロハ in Advent 2005
系図の女たち
 
聖研のイロハ in Advent 2008
野にある貧しき羊飼い
 
ローマ書聖研より(ローマ書に学ぶ)
負い目と福音(1:14-17)
信頼と生命(いのち)(1:17-20)
良い人にも悪い人にも(2:3-4)
聖なるが故に…(2:23-24)
神の真実(3:3-4)
イエス・キリストの信仰を通じて(3:20-22)
信仰の法則(3:27-28)
アブラハムの信仰の足跡(4:11-12)
誇りの回復(5:2-3a&11)
比類なき神の恵み(5:14-15)
いざ決戦!−罪の支配の終焉(6:6-7&11)
義の奴隷−自己決定論の逆襲(6:12-13)
Return of Jesus Christ(7:4)
いのちに導く律法(7:9)
的外れ(7:14-15)
キリスト降誕(8:3-4)
神の願い−御霊と肉(8:5-6)
御霊の流れ、いのちの流れ(8:12-13)
まだ見ぬ望み(8:20-21)
うめき(8:26-27)
勝利は神の愛に−痛みと悲しみのモチーフ(8:38-39)
怒りの器、憐れみの器−自己決定を凌駕する神の選び(9:31-33)
彷徨えるユダヤ人−自分自身の義を求める旅(10:4-5)
死を突き抜けたところに彼はいる(10:9-11)
この人を見よ(10:17)
主を捨てし民を見捨てぬ神(11:5)
務めの栄光(11:13-14)
汝の敵を愛せよ−千代に及ぶ恵みの契約(11:28-29)
人の不従順と神の憐れみを結ぶ糸(11:32-33a)
栄光の富(11:33)
全き憐れみ−なすべき仕事の原点(12:1)
善きわざをするために−メタモルフォーゼ(12:2)
信仰の量り−エン・クリスト(en Xristo)(12:3)
燃える炭火−赦しの祭壇(12:20-21)
恐れに勝つもの(13:3-5)
律法を全うする上着−キリストの愛(13:8)
his own Master(14:4)
accountability(14:9)
愛に従って歩む−人生の判断基準(14:17)
そしりを背負って−神の忍耐、励まし、そして希望(15:8-9)
祭司の務め−信仰の従順(15:15-16)
霊のもの・肉のもの(15:27)
聖なる口づけ−平和の神(16:16)(完)
 
イエスの足跡を尋ねて−ヤコブ書聖研より
vol.1:卑しい者と富める者(ヤコブ書1:1&9-11)
vol.2:主の忍耐/知恵(ヤコブ書1:2-8)
vol.3:良い完全な賜物/真理のことば;試練=誘惑?(ヤコブ書1:12-18)
vol.4:みことば=完全・自由の律法;世の不正と神の義(ヤコブ書1:19-27)
vol.5:あわれみ;「義務のない律法」(ヤコブ書2:1-13)
vol.6:行ない;イエスの御業(ヤコブ書2:14-26)
vol.7:完全な人;舌のなす業(ヤコブ書3:1-11)
vol.8:上よりの知恵/平和をつくる人(ヤコブ書3:12-4:3)
vol.9:内住の御霊;神の子イエス・キリストの福音(ヤコブ書4:4-10)
vol.10:律法/正しい人(ヤコブ書4:11-5:6)
vol.11:主の果て;十字架と復活(ヤコブ書5:7-11)
vol.12:義人の祈り/罪の蔽い;主こそ神(ヤコブ書5:12-20)(完)
supplement〔補遺〕:For the Jew first!
 
ルツ記備忘録(まえがき)
主役は私よ−ナオミの信仰
レビレート婚と買戻し−運命に翻弄されるルツ?
中年男の一目惚れ−せっかちボアズの「ひ・み・つ」
聖書におけるルツ記の意味(完)
 
ヨナ書異聞
その1:ガリラヤの預言者−ヨナのプロフィール
その2:御顔は避けるに避けられず
その3:栄光はただ主にあり
その4:胎内での覚醒
その5:神に信じる悔い改め
その6:嫉妬−正妻の主張
その7:天上のかたち(完)
補遺:パリサイ人はヨナ書をどう読んでいたか?
 
ヘブル書往復書簡(Kabo with 塩野義土器)
第1信 by Doki
第2信 by Kabo
第3信 by Doki
第4信 by Kabo
第5信 by Doki
第6信 by Kabo
第7信 by Kabo
第8信 by Doki
第9信 by Kabo
第10信 by Doki
第11信 by Kabo
第12信 by Doki
第13信 by Kabo
第14信 by Doki
第15信 by Kabo
第16信 by Kabo
第17信 by Doki
第18信 by Kabo
第19信 by Doki
第20信 by Kabo
第21信 by Kabo
第22信 by Doki
第23信 by Kabo
第24信 by Doki
第25信 by Kabo
第26信 by Doki
第27信 by Kabo
 
御言葉探訪−聖書を読む会より−
vol.1「イエスは…空腹を覚えられた。」(マタイ伝21:18-22)
vol.2「では、子どもたちにはその義務がないのです。」(マタイ伝17:24-27)
vol.3「どちらが、父の願ったとおりにしたのでしょう。」(マタイ伝21:28-32)
vol.4「神は死んだ者の神ではありません。生きている者の神です。」(マタイ伝22:32b)
vol.5「招待される者は多いが、選ばれる者は少ないのです。」(マタイ伝22:1-14)
vol.6「カイザルのものはカイザルに…、神のものは神に返しなさい。」(マタイ伝22:15-22)
vol.7「わたしに何をしてほしいのか。」(マタイ伝20:20-34)(完)
 
マタイ伝散策
vol.1:ヨセフの役割
vol.2:御言葉の成就
vol.3:聖霊漬け−聖霊色に染められて
vol.4:イエスの名によって
vol.5:天の住まい
vol.6:溢れる義に生きる
vol.7:大人を目指して
vol.8:報いを賜う父
vol.9:一途の信仰
vol.10:追い出されるべきもの
vol.11:ワイルドな信仰
vol.12:病を背負う権威
vol.13:突然の航海
vol.14:退路を断って−真剣三本勝負
vol.15:働き手
vol.16:価なしに与えよ
vol.17:使徒の派遣−弟子としての報い
vol.18:激しく攻める御国−バプテスマのヨハネが切り開いた時代
vol.19:神の宣言、神の宣告
vol.20:断罪−邪悪な世代
vol.21:ど厚かましい信仰
 
新・御言葉探訪
前文
vol.1:血潮滴る
vol.2:出逢いの泉−真実を語る井戸端会議
vol.3:イエスに信じる
vol.4:死人が神の子の声を聞くとき
vol.5:初穂の祭り
vol.6:天の梯子
vol.7:神の小羊
vol.8:模範解答
vol.9:死に至らない病−神の栄光
vol.10:労苦の果てに−主のわざ
vol.11:ちりに還る−神の秩序と神のわざ
vol.12:最後の論争−隣人愛というハードルを越えて
vol.13:まことの神、まことの人−人を貫く神の意志
vol.14:預言者ダビデ
vol.15:生命の料(しろ)
vol.16:ナルドの香油−イエスの値積もり
vol.17:降る主あとを汚さず−アリマタヤのヨセフ外伝
vol.18:アーメンなる方
vol.19:古びぬ財布・尽きぬ宝
vol.20:貧富を超えて−逆転の連続からの飛躍
vol.21:原律法の風景
vol.22:善きサマリヤ人
vol.23:99匹の羊
vol.24:偶像崇拝を断て!−エルバアル
vol.25:いのちを注いで
vol.26:責任を問われる時代−真の預言者は殉教する
vol.27:不正ノススメ−取るに足らない富
vol.28:ゲツセマネの謎−贖いの勝利
vol.29:非情なる福音
vol.30:離婚を憎む主
vol.31:それゆえ、ふたりは一体となる
vol.32:主の訓練
vol.33:赦しを祈る共同体
vol.34:死にゆく人々
vol.35:新しい皮袋
vol.36:神はわが助け
vol.37:賜物
vol.38:徹夜の聖餐−夜明けに響く祝祷
vol.39:神の栄光を顕すバプテスマ
vol.40:園の墓−王の葬り
vol.41:失われたザアカイ
vol.42:いのちを結ぶ
vol.43:アヒトフェル−我が兄弟は愚かなり
vol.44:朽ちぬパン種
vol.45:主、みそなわす
vol.46:御言葉に聴く−土に蒔かれた神の言葉
vol.47:普通の国
vol.48:闇に射す光
vol.49:カナの婚礼
vol.50:信仰という名のインターフェイス−キリストの業績(わざ)・神の恵み(完)
 
落穂拾い
vol.1:御言葉の齟齬
vol.2:御言葉の適用
vol.3:旧約から新約を読む
vol.4:言葉遊び−ひこばえ
vol.5:住まい−洞窟に生まれたみどりごイエス
vol.6:神の記憶
vol.7:□から△へ−キリストの苦しみの欠けたところ
vol.8:成りて成る者
vol.9:有益なる腎臓
vol.10:聖霊のバプテスマ
vol.11:「偉い」を知らない
vol.12:モーセの杖
vol.13:隠されし神、啓示の神
vol.14:終生のナジル人
vol.15:エデンの園の2本の樹−いのちに生きる
vol.16:ペテロの福音説教
vol.17:高き所−旅立つ友に贈る
vol.18:神の子イズム−As such there is no law.
vol.19:聖霊に封印されて
vol.20:真理を着る教会
vol.21:初めの愛
vol.22:燃える炭火・再考
vol.23:似て非なるもの
vol.24:恵みは返すこと
vol.25:復活の信仰−見ずに信じたヨブ
vol.26:雲に乗る神
vol.27:創造は人を救う!
vol.28:夜明け前
vol.29:狭き門
vol.30:涸れ川
vol.31:Eli, Eli, Lema Sabachthani?−解けない問いを生きる
vol.32:重きを負え
vol.33:呪いと祝福
vol.34:真珠商人
vol.35:物惜しみ
vol.36:光の高地に−キリストの血潮で贖われたエクレシア
vol.37:ヤボクの渡し−不面目な命名
vol.38:食卓の上にあるもの−私の中のパリサイ
vol.39:カブルの地−異邦人のガリラヤ
vol.40:水先案内人−安息の地を賜う神
vol.41:鷲のように
vol.42:誰か弱りて我弱らざらんや、誰か躓きて我燃えざらんや!
vol.43:Christian's Identity
vol.44:走れ、アロン!
vol.45:呼び出された姉弟たち
vol.46:キリストのために喜ぶ
vol.47:不義の報酬
vol.48:ふたりは一体となる
vol.49:仮庵の祭り−クリスマス伝説
vol.50:主の食卓への招き〔前編〕−復活の岸辺
vol.51:主の食卓への招き〔後編〕−神の恵みによる静寂
vol.52:惜しまれた男−ヨナタンの子メフィボシェテ
vol.53:主イエスの御名
vol.54:ネブカデネザルの求道−ダニエル書異聞
vol.55:実地研修
vol.56:エリフの言葉
vol.57:パウロのバプテスマ
vol.58:ベエル・シェバ−イサクの生地
vol.59:ヨナのしるし−ヨナ書再考
vol.60:No second chance!−やり直しのきく人生
vol.61:第2神殿崩壊後−ガマリエルの孫
vol.62:赦されぬ罪
vol.63:メムラなる神
vol.64:安息日の主は、人の子です!
vol.65:モーセ vs イエス
vol.66:主の使い
vol.67:塵から、低みから
vol.68:イエス誕生の秘密
vol.69:証しにならない?!
vol.70:クリスチャンは帰ってきたウルトラマンだ!
vol.71:砂時計理論−三位一体の交わり
vol.72:働くからだ−インターフェイスとしてのキリスト
vol.73:働くからだ−かしらなるキリスト
vol.74:働くからだ−キリストの婚宴
vol.75:正義(ミシュパート)と公義(ツェダーカー)
vol.76:隠れた天−心の一隅
vol.77:アメリカのDNA
vol.78:ホレブを目指して−非定型鬱のエリヤ
vol.79:他者を生み出す言葉
vol.80:5つの言葉
vol.81:異言論@
vol.82:異言論A
vol.83:異言論B
vol.84:異言論C
vol.85:異言論D
vol.86:異言論E・完
vol.87:再びマナが降る日−イエスの弟子訓練@
vol.88:あの素晴らしいマナをもう一度−イエスの弟子訓練A
vol.89:I am Manna−イエスの弟子訓練B
vol.90:まことのマナ−イエスの弟子訓練C
vol.91:マナという「ふるい」−イエスの弟子訓練D・完
vol.92:その兄弟と和睦し、然るのち
vol.93:身を挺する−他者の価値を生み出す生き方
vol.94:信仰の強弱
vol.95:"Not so, Lord!" Syndrome
vol.96:愛の負債−愛し合う義務
vol.97:不死伝説
vol.98:宮きよめ
vol.99:「なぜ?」と問え!―神の怒りと神の真実
vol.100:見上げてごらん、夜の星を!
vol.101:正義と憐れみ
vol.102:アキレスと亀―神の痕跡
vol.103:信仰の量り
vol.104:神を待て―ノンアポの神
vol.105:アディアフォラ―良心と信仰
vol.106:話ちゃうやん?―王の交代
vol.107:建徳の書
vol.108:真似ぶ説教―出来事の言葉
vol.109:全き者よ!―キリストにおいて完成された者
vol.110:独り善がりの礼拝
vol.111:害ふことなく傷ることなし
vol.112:En Xristo ―「を」の世界ではなく、「に」の世界に生きる!
vol.113:17年目の記憶
vol.114:ヨブ記再読―最後の one piece
vol.115:ああミステリー!―秘蹟を巡る歴史の不思議
vol.116:カインのしるし
vol.117:ゆえなき賜物
vol.118:「神の子」とネフィリム―聖書翻訳の基礎
vol.119:想像力
vol.120:神よりの栄誉―the first of the sings
vol.121:たまもの
vol.122:三択問題
vol.123:神の御言葉は空しくは帰らない!―ミッションスクール朝礼拝の奨励より
vol.124:統一と多様性について
vol.125:霊のことについて
vol.126:霊に満つ
vol.127:羊の門
vol.128:学べども学べども―心の向き
vol.129:衣の房―選民意識と律法主義
vol.130:Integrity―言行一致
vol.131:キリストを知る香り―まことのグノーシス(知識)
vol.132:シンプルな信仰と良質な思考
vol.133:20年の空白
vol.134:悪霊を追い出す権威―十二弟子の任命
vol.135:自発の感謝!
vol.136:他人事
vol.137:分不相応
vol.138:証しする神の箱
vol.139:主の祈りに関する一断章・上
vol.140:主の祈りに関する一断章・中
vol.141:主の祈りに関する一断章・下(完)
vol.142:若者サウルを読む
vol.143:天国の証言
vol.144:ヤベシュ・ギルアデ―因縁の町
vol.145:「神の摂理」を聖書から読み解く
vol.146:ヤコブ書は誰に宛てられたか?
vol.147:パウロ書簡の肝(上)―テトス書2:11-15
vol.148:パウロ書簡の肝(下)―無頓着宣言
vol.149:自分の舌にくつわをかけず
vol.150:牧会説教を目指して
vol.151:系図の糸=意図
vol.152:教師エリ
vol.153:サウル王の汚名
vol.154:なぜ逃げる?―ダビデ暗黒史の始まり
vol.155:暴走と区々―あれもこれも!
vol.156:言葉という容れもの
vol.157:ラマの寄宿舎
vol.158:ノン・リケット(上)
vol.159:ノン・リケット(下)
vol.160:「現役」宣教師との会話―キリスト信従者
vol.161:自制は愛の裏返し
vol.162:善悪の知識の木
vol.163:教会論から見た「マリヤ・マルタ」論争
vol.164:身体性の神学
vol.165:笑う・聞く・御名を求める
vol.166:二項対立の罠
vol.167:負の偶像
vol.168:他者のための自由
vol.169:異なる祭壇
vol.170:令和に見る「暦の上ではグローバリゼーション」
vol.171:国民統合の象徴
vol.172:与言者=神の言葉に与りし者
vol.173:民主主義と弱者尊重
vol.174:剣で殺されるべきものは
vol.175:エリの証言
vol.176:真実なる埋葬
 
よろこびの訪れ
vol.1:全うされる喜び
vol.2:教会に生きる霊的多重債務者たち
vol.3:明白な証拠
vol.4:神の益荒男(ますらお)ガブリエル
vol.5:イエスの戴冠−二重三重のサプライズ
vol.6:イエスのリクルート
vol.7:福音は一つ!
vol.8:悔い改めは至福の時
in Advent 2006:音連れ
vol.9:われ今まことに知る
vol.10:我ら医師ルカを得たり!
vol.11:立派な生き方−ペテロの福音理解
vol.12:主の臨在(presense)に生きる−御顔こそ私の栄光
vol.13:主が最もお喜びになる時
vol.14:叫ぶ石
vol.15:悔い改めにふさわしい実−バプテスマのヨハネの語った福音
vol.16:エペソの12人
vol.17:アレキサンドリヤのアポロ
vol.18:福音のうちに顕れる義の道
vol.19:愚か者
vol.20 in Advent 2007:福音と律法
vol.21:大天変地異!−神みづから人と偕に在して@
vol.22:信じ、その後、証しを得る−急ぐマリヤ
vol.23:出エジプト記バージョン−神みづから人と偕に在してA
vol.24:申命記バージョン−神みづから人と偕に在してB
vol.25:ヘブル書バージョン(上)−神みづから人と偕に在してC
vol.26:ヘブル書バージョン(下)−神みづから人と偕に在してD・完
vol.27:御言葉と信仰とが混じり合うとき
vol.28:定点に立つ人たち
vol.29:正義の樫の木−身をもって告げ知らせる
vol.30:心臓移植−石の心から肉の心へ
vol.31:水と御霊によって生まれる
vol.32:証しするもの−御霊と水と血
vol.33:多く赦された者は多く愛する
vol.34:栄光のキャッチボール−父と子の栄光
vol.35:全うする神の愛
vol.36:人が初めて知った悪−不従順
vol.37:律法と預言者=ヘブライ聖書
vol.38:洗足−極みまで愛したもうた主
vol.39:The 出産
vol.40:牧師への招待−福音を語り告げる教会
vol.41:人間を獲る漁師
vol.42:人とは何ものか
vol.43:考える葦
vol.44:大地の福音−人の儚さを超えて
vol.45:そうせずにはいられないこと
vol.46:神の真実から神の真実へ
vol.47:委ねる自由
vol.48:続・委ねる自由
vol.49:聖霊による喜び@−テサロニケ教会における信仰・希望・愛
vol.50:聖霊による喜びA−あなたがたは私たちの愛する者となった!
vol.51:伝えられた教えの規準
vol.52:聖霊による喜びB−主イエスの御前で
vol.53:権威者として−イエスの教え
vol.54:福音の流れ
vol.55:異邦人のガリラヤ・上−溢れる福音
vol.56:妬まれる福音
vol.57:異邦人のガリラヤ・下−抑えきれないデカポリス
vol.58:聖霊による喜びC−パウロを生かす教会
vol.59:揺すぶる神―福島第一聖書バプテスト教会のディアスポラ
vol.60:我流の福音?
vol.61:機会を生かして
vol.62:愛はお芝居ではない!
vol.63:ゆえなく信じる福音
vol.64:聖霊による喜びD−聖い生き方
vol.65:王の勅令―神の御名を隠して
vol.66:足を洗って―「バプテストの伝統」
vol.67:聖霊による喜びE−殉教者を送る人々
vol.68:喧嘩を売る主
vol.69:70年後
vol.70:霊と真理にある礼拝
vol.71:聖霊による喜びF−礎の説教
vol.72:へそくりと聖書―「カーネーション」考
vol.73:燃える柴―80年目の出逢い
vol.74:dialogue―教会はふたり
vol.75:父なしで―ohne euren Vater
vol.76:一人芝居―裏切りの実行命令
vol.77:ヨハネ15章散策@―葡萄の剪定=選定
vol.78:ヨハネ15章散策A―救いの確信
vol.79:思い違い―「復活」の証明
vol.80:ヨハネ15章散策B―愛という奥義
vol.81:聖霊による喜びG−かの日
vol.82:しろしめす神の霊
vol.83:聖霊による喜びH−強靱な信仰
vol.84:かぶりもの
vol.85:思い出さない!
vol.86:信仰の回路、感謝の回路
vol.87:見える?、見えない?―聞くことの祝福
vol.88:聖霊による喜びI・完―心のうちから
vol.89:ヨハネ15章散策C・完―憎しみに打ち勝つ福音の証
vol.90:直ぐな心―euthus
vol.91:ベルゼブル論争―聖霊を汚す罪
vol.92:譬えで語る厳粛さ
vol.93:Before-After
vol.94:レビの喜び
vol.95:主イエスに信頼される喜び
vol.96:その蛆つきず火も消えぬなり
vol.97:受け入れる―心の向きを
vol.98:信仰という関係性
vol.99:心に届く天的な言葉
vol.100:まことの安全保障
vol.101:サムエルの失望
vol.102:アナテマとマラナタ―呪われよと命ぜざるを得ず!
vol.103:出逢いと訓練
vol.104:神は何故悔いたか?
vol.105:驚天動地
vol.106:言葉という行い
vol.107:Knowing only the baptism of John(上)
vol.108:Knowing only the baptism of John(下)
vol.109:共に歩まれるキリスト―終末への途上にて
vol.109-2〜7:番外編
vol.110:なりふり構わず―福音宣教における権利不行使論
vol.111:系図の謎
vol.112:系図の意味
vol.113:エネルギッシュ・ラヴ
vol.114:三題噺―偶像・賛美・律法
vol.115:サマリヤの女・奇譚―主イエスが与えるバプテスマ
vol.116:Nobody is right, but God is right and good!
vol.117:罪と罰―ヘセドなる神
vol.118:福音の実り
vol.119:沈黙と饒舌
vol.120:血まみれの男の厚かましい信仰
vol.121:律法を心に書き記す
vol.122:たとえの意味
vol.123:私の喜び、冠よ!
vol.124:ヒゼキヤ王の過越祭
vol.125:アブラハムの義
vol.126:安息日規定の恵みを受ける者
vol.127:世を用いる者は用い尽くさぬが如く
vol.128:師匠と弟子―恵みの飢え渇き
vol.129:神の喜ばれる道―道・真理・いのち
vol.130:人の世の偶然、神の国の必然
vol.131:規範を立てるな!
vol.132:いのちと息と万物
vol.133:神に近づく
vol.134:屠られた子羊
vol.135:病を背負うとは?
vol.136:えやみの中で―インマヌエルの叫び
vol.137:ヤマザキ春のパンまつり
 
イザヤ書 EpisodeU
scene 1:神様の直球勝負
scene 2:荒野に呼ばわる主なる神
scene 3:捕囚の前に
scene 4:見よ。あなたがたの神を!
scene 5:問い糾す預言者
scene 6:歴史を創る神
scene 7:まことのイスラエル
scene 8:わたしはあなたとともにいる
scene 9:わたしの証人
scene 10:思い起こせ、イスラエルよ!―牧者・受膏者クロス登場
scene 11:全地の民の救い
scene 12:人を担う神、人が担う神々
scene 13:唯我独尊、傍若無人―バビロンの滅亡
scene 14:イスラエルの断罪
scene 15:しもべ、再び―第2のしもべの歌
scene 16:シオンへの愛
scene 17:希望の光 ― 三度、しもべの歌
scene 18:神とイザヤによる福音コンツェルト
scene 19:「しもべの歌」完結!
scene 20:新たなる秩序―イスラエル再生
scene 21:塗り替えられた世界地図
scene 22:高みと低み―救いについての世界基準
scene 23:終末を歩む者として
scene 24:主の御思いに満たされて
scene 25:輝く御国
scene 26:仲保者として生きる民―しもべの歌第5
scene 27:新しいエルサレム―確かな希望
scene 28:主よ、今あなたは私たちの父です!―エドムの罪、イスラエルの罪
scene 29:神の選びと新創造
scene 30:主の御言葉におののきつつ(完)
 
コリント・ノート
vol.1:真実なる方
vol.2:福音宣教の実質
vol.3:神の力、神の知恵
vol.4:成人の知恵―キリストの義の舞い
vol.5:パラダイム・シフト―霊から霊に伝えるメッセージ
vol.6:途上の神殿―「同労者」という報酬
vol.7:主なる神のしもべとして
vol.8:仕える者への招待―霊の父として
vol.9:白日のもとに晒す
vol.10:非義人よ、聖徒となれ!
vol.11:主とからだ、主のからだ
vol.12:いま在るところでひたすら主に献身せよ!
vol.13:知識は人を誇らしめ、愛は他人の徳を建つ
vol.14:ダブル・スタンダード―報いと恵みの十字架
vol.15:他者のための頓着
vol.16:Mission In Possible―神の御前における平等に優る女性の使命
vol.17:教会の内実・聖餐の奥義―キリストのからだ・序章
vol.18:御霊の配剤・神の配慮―キリストのからだ・本論
vol.19:絶ゆることなき愛
vol.20:弾き出すか、悔い改めに導くか
vol.21:眠った者の初穂―哀れな希望、空しい信仰
vol.22:天上のからだ
vol.23:工程表と年表
vol.24:慰めの神―神ともにいます
vol.25:コリント教会を惜しむ涙―涙の手紙
vol.26:私はなにものぞ?―パウロの推薦状
vol.27:顔の覆いを除かれて−御霊の務めの栄光
vol.28:落胆している場合じゃない!
vol.29:新しい創造に参画する務め
vol.30:中途半端との訣別
vol.31:テトスの吉報―誇ってあげたい!
vol.32:匿名の同伴者
vol.33:祝福のスパイラル―ケチくさくない太っ腹!
vol.34:最後の戦い―権威を誇れ!
vol.35:弱さを誇る
vol.36:人間の弱さの中に全うされる神の力
【補遺】14年前―パウロの苦しみについて
vol.37:建て上げる権威―再びインマヌエル
 

Top に戻る
Index に戻る
坂田宏のホームページに戻る